季節柄

最近つーかここ一ヶ月で購入した本
・平山夢明 「超」怖い話K
・久田樹生 「超」怖い話 怪歴
・木原浩勝  隣之会 小守り

あと3,4冊。
オブリビオンのおかげで読み終わりそうにもありませんわ。基本的には電車の中でしか本読まんのですけど。

「怪歴」も悪くはないんですけどこれ読んでから本家平山版を読むとあらためてスゲェなあと思います。
背筋が寒くなるほどの話は「怪歴」には無かったもんなあ。
[PR]
# by kayama_mk2 | 2007-07-30 13:12 | 日常

オブリビオン日記1

第三紀433年 収穫の月 28日

トンネルを抜けるとそこは・・・夕方だった。
さっきまでの地下道の陰鬱な雰囲気を一掃するかのような美しい夕焼けだ。
オレンジ色に染まった川面が美しい。

ほんの数刻前までオレは囚人だった。
もっともオレがどこの誰で何ゆえ牢獄になんぞ閉じ込められていたのかは知らんけど。
とにもかくにも状況は一変した。皇帝のおかげでな。
まあその皇帝ももういない、暗殺されちまってその成り行きでオレもまんまと脱獄できたわけだ。

皇帝は運命だの何だのと言いながらオレに王家のアミュレットを押し付けてきた。
オレには皇帝の話す内容が難しかったり皇帝の白い服で字幕がつぶれてしまったりでいまいち何言ってるのか分からんかったんだがな。

帝都を秘密の通路を使って脱出したわけだが、どうやらここは帝都の北東らしい。
仕方がないから預かったアミュレットを修道院に預けに行くことにした。
当面はやることも頼れるものもないし、帝都にもしばらくもどれそうにないしな。

地図を見ると修道院のあるコロールは帝都の北西、ちょっと距離があるな。
しかしざっと見渡しても橋がない。いきなり泳ぐ羽目になった。
ずぶ濡れになって対岸にたどり着くと、そこには遺跡が。
数人が焚き火をしている。
おーこれはキャンプでもしているのか、体でも暖めさせてもらおうと思って近づくと、向こうもこちらに気づいた様子。
何か叫びながらこちらに近づいてくる。
おーこんちわー、と挨拶しようとしたら矢が飛んできた。キャンプはキャンプでも野盗が野営していたらしい。しかし本格的にゲーム始まって最初に遭遇する人間が野盗て。
死に物狂いで戦ったさ、そりゃもう。戦ってる最中にカニがドサクサ紛れで襲ってきたときは涙が出そうになったがな。
どうにかこうにか倒すことができたがこちらも瀕死。プロローグ終了してから5分でゲームオーバーになりそうになるなんてさすがは肉食ってる奴らの作品。
カニは今晩の晩メシにしてやった。
あと、死体からはいろいろ装備品を漁ってやったぜ。これで取りあえずは旅支度が整った。
まあまだ駆け出しだからあまり物も持てないんで、今まで何かの役に立つかもと牢屋や地下道から後生大事に持ってきた頭蓋骨とかコップとかは捨てた。
しかしオレ頭蓋骨なんて何に使うつもりだったんだろう・・・

普通のRPGなんかだと、川岸で焚き火なんてしてたら、
「おや、たびのかた。あったまっていきなさい」
「コロールはここからみちなりに、ほくせいのほうです」
「とちゅうはモンスターもでます、これをもっていきなさい。ではきをつけて」
カヤマはどうのつるぎをてにいれた!
見たいな展開ですが、同じ初期装備手に入れるにしても農耕民族には考えつかない展開です。

野盗の仲間が一人焚き火のところに残っていたので嫌がらせに矢射ってやったらものすごい勢いで追いかけてきたので死に物狂いで西に逃げた。
何とか撒いたところで辺りも真っ暗なので第一日目は野宿で終了。
[PR]
# by kayama_mk2 | 2007-07-29 23:39 | オブリビオン

気がつけばデンジャー

最近オブリビオンっつー肉食ってるやつら謹製のRPGやってます。
FPS視点の緻密なグラフィック、荘厳なBGM、豊富なクエスト、徹底的に作りこまれた世界観と連中の本領発揮です。
最大の特徴は自由度の高さでして、それはもう色んな事ができます。
AIも独自の思考で動いているため、自由度の高さと相まってそりゃもうホントにそこかしこで事件がおきます。
道を歩いてれば追いはぎやら野盗やらに出くわしますし、さらには衛兵が賊を退治している場面に出くわすことも。
たまには住人同士で喧嘩もしてます。ホントすごいですわ。

以下このゲームの特徴など。
・アイテム、死体などに対して物理法則が働く(りんごを捨てれば転がっていくし、崖で敵を倒せば転がり落ちていく)
・非常に多彩なパラメータがあるので、様々なキャラが作れる。
・顔のエディットができる。
・肉食ってる奴ら製なのでどのキャラも顔が怖い(萌えなんてものは皆無、というよりも登場人物の半分くらいは人外)
・丁寧な日本語化。
・360ソフト全般に言えることだが字が小さすぎて字幕が読みにくい(アメリカンどものデカイテレビじゃないと読めない)

全体的な感じではオフラインでやるウルティマオンラインつー感じですかね。
ホントに人によってまったく違う展開になるので、それをわいわい話し合うのがよろしいかと。

ちなみにオレのプレイではこんな事件が。
序盤、戦士ギルドに入会するためにギルド長に面会していたオレ。
無事に入会を果たし、最初のクエストの前に体力でも回復しておくかと回復魔法使ったつもりがボタン押し間違えて剣を振ってしまうオレ。
ギルド長激怒、曲者だと叫ぶ。駆けつけるギルド員、衛兵までやってくる始末。
オレひたすら平身低頭に謝罪、ギルド長なんとか剣を収める。
しかしそのとき、衛兵の振り下ろした剣がギルド長に!
今度は戦士ギルド全員の剣が衛兵に!
倒れる衛兵、オレ衛兵の装備をもらって超序盤で強力装備。

そんな世界。
[PR]
# by kayama_mk2 | 2007-07-28 23:07 | オブリビオン

ときかけ

時をかける少女見ました。

いやはや、評判どうりの出来でしたわ。
前作はうろ覚え程度にしか見てないんですがそれでも楽しめました。
最近見た映画で人に勧めるならコレかなってくらい良かったです。
恋あり笑いあり涙ありで飽きない展開。ちょっと長いかなと思いましたけど。

タイムリープが使えたらどうしようってのは見たあと誰もが考えることだと思いますが、
とりあえずオレだったら一昨日NHKで放送した、
「地球ドラマチック プレヒストリック パーク~絶滅動物を救え!~」を録画しに跳ぶと思います。
ナイジェル・マーヴェンのこのシリーズ、オレDVD買うほど好きなのにな。
よりによって初回のティラノサウルス編を逃すとは不覚至極。
来週はマンモスだしな、あんまりロマン感じられないなー。

あー、あと主題歌「ガーネット」がメチャクチャいいですわ。
あと2,3年後に見たら泣いちゃいそうだなコレ。
[PR]
# by kayama_mk2 | 2007-04-27 18:09 | 映画

NHKにようこそ

NHK趣味悠々、ようこそ!鉄道模型の世界へ

ヤバイですわこの番組。仕事の関係で気にはなってても見てなかったんですが、見たら公開することしきり。
オレの将来の理想像に「トゥナイト2とかにたまに出てくるNゲージ親父」ってのがあるんですが、まさにその登竜門たる番組でした。
屋根裏部屋にNゲージ敷いて半ば諦めた家族を尻目にニヤニヤしながらマイリトルワールド鑑賞、まさに男子の本懐でありますよ。
[PR]
# by kayama_mk2 | 2007-03-14 22:47

機動戦士ガンダムバニシングマシン

近藤和久機動戦士ガンダムバニシングマシン 購入。
一年戦争に登場した地味目兵器達にスポットをあてた短編です。
地味すぎてシーランスなんて知らない人いるんじゃないか。こんなにシーランスが活躍するなんて話想像だにしませんでしたわ。
個人的にはオデッサ退却戦でのザメルVSマムートの巨人機対決で失禁しかけました。
後半半分はプロジェクトZとシッロコ設計のPMXシリーズの話。
高機動ブースターを付けた改修型のドムがかっこええです。
[PR]
# by kayama_mk2 | 2007-02-13 01:06 | 書籍

もったいないおばけ

前から問題に思ってたんですが、未クリアのゲームたまってますよ、驚異的に。
その数PS2だけで15本。どーすべか。

・ゴッド・オブ・ウォー
 終盤まで進んだものの仕事やら何やらで中断状態、難度の高さもあり復帰できず。

・ロード・オブ・ザ・リング王の帰還
 これも終盤だが自分の中の指輪熱が低下、中断。

・エナジーエアフォース エイムストライク!
 980円で購入。弾薬制限等が厳しく、ゲームというより仕事をしている気分になる。
 30分程度プレイ。

・Gセイバー
 2千円程度で購入。本格的につまらない。ガンダムのアクションゲームなのにジャンプできないとは何事か。

・くまうた
 個人的に注目していた作品。結構歌作るも終わりが見えず。

・デビルメイクライ2
 ダンテ編の最終ボスがどうしても倒せない。ルシア編はまったくの手付かず。

・鬼武者2
 決してつまらなくはないが、3年越しくらいでプレイするもいまだ終わらず。

・ギレンの野望 攻略指令書
 もともとムービー鑑賞用に購入。おそらく宇宙世紀になってもプレイしない予感。

・天誅参
 中盤まで進むも詰まり停止状態。

・ガンサバイバー4
 とりあえずガンコン2確保のため購入。でっかいテレビを買ってからやろうと放置。

・サイドワインダーV
 スタッフは絶対肉食ってる奴等だとしか思えない難易度。最終面で詰まる。

・アーマード・コア2 アナザーエイジ
 難しすぎ。大学の時みたいな対戦環境さえ整っていれば・・・

・鋼鉄の咆哮
 実は2の後に購入。とにもかくにも地味すぎ。超兵器にすら遭遇せず。

・鋼鉄の咆哮2
 終盤防衛ミッションが攻略できず。もうどうにもなりませんわ。

・続せがれいじり
 これも終盤。中断期間が長すぎてどこまで進めたかもわからず。

これってPS2だけなんで他のハード、PCなんかも合わせたら大変な数ですよ。
おそらくこの2,3倍の数にはなるかと。
考えたくもありませんなー。
[PR]
# by kayama_mk2 | 2006-12-07 20:42 | ゲーム

フライトプラン感想

・事故で夫を亡くした航空設計技師の主人公カイル。
遺体は彼女が設計したジャンボ機に乗せられベルリンからニューヨークに空輸されることに。
彼女は遺体を積んだジャンボジェットに娘と搭乗したのだが、飛行中に娘が失踪する。
必死で探す彼女だが、乗員乗客ともに娘が搭乗していたという記憶がなく搭乗記録すら存在しない。
さらに地上に連絡をとったところ衝撃の事実が。娘も夫と一緒に死亡していたのだ。
これは彼女の妄想か、はたまたなんらかの陰謀か。
最新鋭旅客機で彼女の戦いが始まる。

ジャンボ機という巨大な密室を舞台にしたサスペンス、正直あんまり面白くなかったです。
もっと国家的陰謀とか宇宙人とかの超自然的力とか期待してたんですが、かの「ブロークンアロー」と同様のしょっぱい犯行動機。
結局は金ですかい。あと、素人からみても犯行に穴が多すぎですわ。
何より娘の存在が危うすぎでして、座席にまで着いた娘を何故周囲の人間はまったく覚えていないのか。
愚鈍すぎです肉食ってるやつら。
いくら娘のためとはいえギャーギャー騒ぎまくって機内をうろうろするジョディさんはボクが乗客だったらさぞかし恐ろしいことだろうと思いました。あとアラブの人たち大迷惑。

監督はドイツのロベルト・シュヴェンケ。シュツットガルト出身だそうです、かっこいい響きだ。
特典としてドラマ「LOST」第1話が収録されてるんですが、飛行機の映画に墜落を扱ったドラマを抱き合わせるなんてステキですな。
本編よりも特典のドラマのほうが面白そうということが一番の問題点です。
(日本版公式)
[PR]
# by kayama_mk2 | 2006-11-20 14:26 | 映画

行け!未来戦士達よッ!!

初代「1942」の頃から購入している「バトルフィールド」シリーズ。
最新作「2142」を購入。
氷河期を迎え生存競争が激化、世界は再びエライ目にって内容ですが、要はタマ獲ったモンの勝ちです。

未来戦という事もあって登場兵器も多彩。
ロボコップに出てきそうな2足歩行ロボやらホバータンク、空中戦艦、オレの大好きな爆弾C4の後継から果ては衛星軌道砲まで盛りだくさんですよ。
まだたいしてプレイしとらんのですが今作の特徴などを。
・新兵は基本武器しか持っていない(手榴弾すら持っていない)
・追加武装は階級上げてアンロック。
・新兵でも上級兵が落とした武装を拾えば使用可。
・飛行機が意外と操縦しやすい。
・援護兵のマシンガンが劇的に命中しやすく!(前作は絶望的に当たらなかった気が)
・タイタンモード(母艦同士の潰し合い)が加わったことでさらにチームプレイが要求される!
・マップも市街戦、立体的なステージが中心に。

なんかあまりにも時代がぶっ飛んでしまってはじめは心配だったんですが、
何のことはない、いつものバトルフィールドでした。シリーズ通してプレイしてる人なら安心かと。
(公式ページ)
[PR]
# by kayama_mk2 | 2006-11-12 20:11 | ゲーム

続超怖い話

続超怖い話 勁文社文庫 樋口明雄編著
 ・霊の章
 ・妙の章
 ・奇の章
 ・妖の章
 ・変の章
---------------------------------------------------------------------------
・家につく霊
 叔父夫婦が引っ越した家で起こる怪異。使われなくなった2階。
 従兄弟達と2階を興味本位で見に行くが、不気味な気配ですぐに下へ降りてきてしまう。
 帰り際に見た「物」は。

 このシリーズでは驚くほどにオーソドックスな展開なんですが、それ故に貴重なエピソードかと。
---------------------------------------------------------------------------
・団体
 怪奇現象に見舞われ、誰かに見られている感じが常にする。
 なすすべもないので巫女さんのところに行ってみると・・・

 これぞ「超怖い話」といった展開、初期のころはこういう話が大半でした。
---------------------------------------------------------------------------
・二年ごしの夢
 友人から聞かされた話。森の奥から巨大な恐ろしい顔が迫ってくる。その顔は夢を見るたびに近づいてくる。
 夢を見始めてから2年近く経とうというころ・・・

 最近じゃ知らない人はいない程に有名な話なんですが、
 原点かどうかは別として15年以上前からこういう話あったんですね。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
・テープに録音された声
 ある女子大生がラジオの留守録をした。ところが失敗して外部録音になってしまっていた。
 再生してみると、無人のはずのアパートの中でか細い女の子のような声がかすかに聞こえてくる。

 こいつはイヤな話です。オレの部屋じゃドムだのゲルググだのがこんな話してるのか。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
・東京迷走奇譚
 ある人の大学時代の話。友人達と都内の道路を横浜方向に向かってドライブしていると周囲の様子がおかしい。
 走りなれた道のはずが、見慣れないバラックやらゴミの山、ついには断崖絶壁の海までも。
 彼らはいったいどこを走っているのか。

 謎の道路の人っ子一人いない雰囲気とかたまりません。
 こういう、「確かに行ったはずなのに何度探しても2度と行けない」的な話は大好きであります。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
・助けてくれ!
 冬の石狩湾に面した湿地帯をドライブしていた2人の男。
 車を停めて休んでいると湿地帯の向こうから上半身裸の男が「助けてくれぇぇぇッ!」っと走ってくる。
 
 男の姿もスゴイですが、その男を追いかけてきた奴等もスゴイ。X-FILEみたいです。
 オレの周囲での「超怖い話」に対する評価を決めた話の一つ。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
・峠の物語
 一人でツーリングに行った男。
 幽霊が出るというトンネルに差し掛かりしばらく考えた末にトンネルを抜けることにしたのだが。

 オレもバイク乗ってたんで分かりますが、長いトンネルとかはあんまり気持ちの良いものではないです。
 しかしこの話の彼、いろいろな意味でよく死ななくて済んだと思いますよ。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
・こいつじゃない
 これもトンネル系。3人の女性が旅行帰りに中央高速を走っていたときの話。
 いつのまにやら周囲の車がいなくなり、彼女達の車だけがトンネルの中を走る。
 その時、トンネルの上のほうから青い光が運転席のサイドウィンドーにへばりついてきた。
 
 基本中の基本、タイトルからも分かるような内容の話です。
 ですがそのときの状況を考えると中々に怖いかと。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
・非常階段
 女生徒が飛び降りたために鎖で巻きつけ鍵穴をつぶし、「開かず」となった屋上への非常階段。
 にもかかわらず再び起きた飛び降り。その中学校でコックリさんをしたところ、驚くべき答えが返ってきた。

 こいつは普通に不気味な話です。
 オレの小学校も例に漏れずにコックリさん禁止令が出てたんですが、やはり「よその学校の気が触れた女の子の話」ってのはありました。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
・石^・・・
 かつてとある旧家に住んでいた男の少年時代の話。
 真夜中に便所に行きたくなって目を覚ますが、恐ろしくて行くことができない。
 理由は便所の隣の部屋。祖母から決してその部屋に入ってはならないと言われた部屋。
 意を決して便所に行くが、帰りにその部屋の前を通りかかるとばりばりという音を立て、障子紙の向こうから指が伸びてきて・・・

 旧家怖いです。少年時代の不可解な体験は記憶から消えないですな。
 ちなみにウチの親戚は幽霊が出ると騒ぎになった借家に住んでました。
 ----------------------------------------------------------------------------------------------------
・踊る爺さん
 都内の古いマンション。ある晩友人と二人で酒を飲んでいると外からかちゃ、かちゃと乾いた音が聞こえてくる。
 不思議に思い覗き穴から外を見てみると・・・
 
 これも、いかにも「超怖い話」といった話。爺さんの描写が恐ろしいです。
 
[PR]
# by kayama_mk2 | 2006-10-10 13:15 | 超怖い話