<   2008年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

GWは戦場でボクと握手!(もしくは殺し合い)

買いましたわ、ベガス2フロントライン。
そんなにプレイしてはおらんのですが、感想をば。

・ベガス2
 シングルもマルチも楽しめる安心の完成度。
 しかしながらCOD4に慣れた人にはグラフィックが多少寂しく感じるかも。
 ストーリーは完全新作ではなく、前作と同時間の別部隊の作戦なのでなんだか妙な既視感が。

 壁に隠れながらの独特の動作で撃ち合うのがやっぱり楽しい。
 シングル、マルチとも自分でキャラデザインが可能に。
 難易度は少し上がったかも。

 あー、あとストーリーモードでもネット通じて協力プレイできるのは最高。
 キャッチフレーズが
 「オマエの危機は俺が救う!」 
 だもんなー、かっこよすぎますぜ。

 マルチは射撃の正確性がモノをいうので回線弱いと結構苦戦するかも。
 まあ、拳銃でアサルトライフルに撃ち勝つシティーハンターもたまに居ますが。

 マルチはテロリストハントモードがお勧め。
 ともすれば殺伐となりがちなFPSにおいてここまで協調性重視されるのも珍しい。
 何回もヒトの優しさに触れました。
 「オデ、オマエ、トモダチ・・・」

・フロントライン
 飛び交う砲撃、爆音あげて頭上をかすめるヘリに飛行機、それに逃げ惑う歩兵。
 まさしくこいつはバトルフィールドですわ。
 それもそのはず、もともとはBF1942のMODなんかを製作してたチームらしいです。
 
 COD4が歩兵専門のいわゆるサバゲーだったらこっちは戦争ごっことでもいうんでしょうか。
 数多くの乗り物に乗ってバカスカ撃ち合うのが非常に気持ちいいです。
 かといって歩兵が役立たずかというとそうでもなく、ここら辺のバランスが絶妙。

 ヘリがBFシリーズに比べて扱いやすくなっているのがイイです。
 ホバリングとか超カンタン。
 最近はテクテク歩いて行軍してる味方の前に着陸して、
「乗ってくかい!?」、「おうよ!」
 みたいなやりとりばっかしてます。
 そんでもって豆粒みたいな下界の敵歩兵に向かって気の毒になるようなド派手な花火をプレゼントしてますわ。

 あと、このゲーム特有の要素としてドローンっつう小型無人兵器があるんですが、コレがまた楽しい。
 爆弾付のラジコンを戦車の下に潜り込ませてドカン!とか。
 建物の裏窓から小型偵察機を潜入させて中で陣取ってるスナイパーを排除なんて事もできます。
 偵察ドローン飛ばして死角の敵を探知、出てきたらスナイピングとか
 まさに工夫と組み合わせ次第でさまざまな戦術がとれます。

 シングルもグリードみてぇな衝撃的エンディングも含め、楽しませてもらいました。
 惜しむらくはヘリや飛行機がシングルじゃ使えないところですかね。
 まあここら辺はマルチメインということで。

 せっかくのゴールデンウィークだし、発売直後ということもあって今ならマルチ人口も多いと思うんでどーでしょーか。
 まあボクは休みあるかどうかわからないレベルですが。
 粉砕黄金週間、つーかみんな働けばいい、ドローンのごとく。
[PR]
by kayama_mk2 | 2008-04-29 01:40 | ゲーム

おっさんには少々つらいかも。

・現代の延長線上にある未来。
人口爆発、環境汚染、資源枯渇、続発するテロにより国民国家政府が徐々にその統治能力を失いつつある世界。
高度に機械化された軍隊はそれを支えるための軍産複合体を形成し、6つの企業群が台頭する。
政治的権力は企業が握ることとなり、その企業は国民国家政府による統治能力の限界に見切りをつけ、新しい秩序を
自らの手で構築するための全面戦争を開始した。

後に国家解体戦争と呼ばれるこの戦争には企業側の新型AC、通称「ネクスト」が投入された。
30機にも満たないこの新型機の前に政府軍は成す術もなく敗北。
一ヶ月あまりで人類史上最大のクーデターは圧倒的勝利のうちに決着を迎える。

こうして企業による新たな秩序維持の為のシステムが構築され、人々はコロニーと呼ばれる群居地に住むことを余儀なくされた。
労働の対価として支払われる糧食、市場経済からの人民の排除。
「パックスエコノミカ」と企業は喧伝したが、その実質は支配者と支配されるものの明確な階層化に他ならない。
国家解体戦争から5年、表面上の安定を保つ世界の裏側では確実に次の火種が燻っていた。

いや、久々にやりましたわ、アーマードコア。
序盤で挫折した「アナザーエイジ」以来。
またとんでもない難易度なんだろうなと身構えていましたが、存外にそうでも無かったです。

・良い所
 すんげーOP映像、いや、一回見てみなされ。
 結構適当に組んでもそこそこカッコいい機体が作れる。
 爆発とか結構キレイ。
 新要素「コジマ粒子」により設定はよりガンダムチックに。
 地名等、今までの作品より地続き感が強い。
 BGMがステキ。
 ネットでのレギュレーション更新機能によりパーツ間のバランス調整が可能に。
 魅力的なライバルリンクス達、おなじみアリーナも。
 通信対戦可能、これで君もチャンプだ。

・悪いところ
 慣れるまでは結構しんどい操作性。
 シリーズ伝統の理解しにくいストーリー。
 仲間内でやるならともかく、ライブ対戦は初心者お断りの弱肉強食ワールド、ニュータイプごろごろ。
 自分の力量でもあるが実際動かしてみると、意外とたいしたこと無いネクストさん。
 エネルギー系兵装も弾薬代がかかるように。せちがれェーッ!!
 企業とかの関係が頭の弱いボクにはさっぱりです、ママン!
  
グラフィック関係はかなりキレイです、特にガレージに格納されてる自分の機体見るのは感慨もひとしお。
カラーリングもかなり細かく設定できるし、エンブレムもデカールみたいに貼れるのでかなりオリジナリティあふれる機体が出来ます。
ちなみにオレの機体コンセプトは「重装甲、重火力、致命弾程度はかわせる機動性」なんで、対戦じゃもう敵を捕捉することすら困難ですわ。
「こ、こいつニュータイプとでも言うのかッ!」とかいいながらいつも死んでます。
オーバードブーストなんぞ使ったことねぇ。

そこそこの火力で機動性重視の機体作ればひらりひらりと敵ノーマルの攻撃をかわしてバリバリ倒すといったロボアニメばりの活躍が出来るんで楽しいんじゃないでしょうか。
設定とかはWikiみないとさっぱりわからないんで、よく予習しておいてください。

プラチナコレクションも出てるし、このくらいの値段なら買いかと。
[PR]
by kayama_mk2 | 2008-04-16 23:42 | ゲーム