<   2006年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

続超怖い話

続超怖い話 勁文社文庫 樋口明雄編著
 ・霊の章
 ・妙の章
 ・奇の章
 ・妖の章
 ・変の章
---------------------------------------------------------------------------
・家につく霊
 叔父夫婦が引っ越した家で起こる怪異。使われなくなった2階。
 従兄弟達と2階を興味本位で見に行くが、不気味な気配ですぐに下へ降りてきてしまう。
 帰り際に見た「物」は。

 このシリーズでは驚くほどにオーソドックスな展開なんですが、それ故に貴重なエピソードかと。
---------------------------------------------------------------------------
・団体
 怪奇現象に見舞われ、誰かに見られている感じが常にする。
 なすすべもないので巫女さんのところに行ってみると・・・

 これぞ「超怖い話」といった展開、初期のころはこういう話が大半でした。
---------------------------------------------------------------------------
・二年ごしの夢
 友人から聞かされた話。森の奥から巨大な恐ろしい顔が迫ってくる。その顔は夢を見るたびに近づいてくる。
 夢を見始めてから2年近く経とうというころ・・・

 最近じゃ知らない人はいない程に有名な話なんですが、
 原点かどうかは別として15年以上前からこういう話あったんですね。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
・テープに録音された声
 ある女子大生がラジオの留守録をした。ところが失敗して外部録音になってしまっていた。
 再生してみると、無人のはずのアパートの中でか細い女の子のような声がかすかに聞こえてくる。

 こいつはイヤな話です。オレの部屋じゃドムだのゲルググだのがこんな話してるのか。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
・東京迷走奇譚
 ある人の大学時代の話。友人達と都内の道路を横浜方向に向かってドライブしていると周囲の様子がおかしい。
 走りなれた道のはずが、見慣れないバラックやらゴミの山、ついには断崖絶壁の海までも。
 彼らはいったいどこを走っているのか。

 謎の道路の人っ子一人いない雰囲気とかたまりません。
 こういう、「確かに行ったはずなのに何度探しても2度と行けない」的な話は大好きであります。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
・助けてくれ!
 冬の石狩湾に面した湿地帯をドライブしていた2人の男。
 車を停めて休んでいると湿地帯の向こうから上半身裸の男が「助けてくれぇぇぇッ!」っと走ってくる。
 
 男の姿もスゴイですが、その男を追いかけてきた奴等もスゴイ。X-FILEみたいです。
 オレの周囲での「超怖い話」に対する評価を決めた話の一つ。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
・峠の物語
 一人でツーリングに行った男。
 幽霊が出るというトンネルに差し掛かりしばらく考えた末にトンネルを抜けることにしたのだが。

 オレもバイク乗ってたんで分かりますが、長いトンネルとかはあんまり気持ちの良いものではないです。
 しかしこの話の彼、いろいろな意味でよく死ななくて済んだと思いますよ。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
・こいつじゃない
 これもトンネル系。3人の女性が旅行帰りに中央高速を走っていたときの話。
 いつのまにやら周囲の車がいなくなり、彼女達の車だけがトンネルの中を走る。
 その時、トンネルの上のほうから青い光が運転席のサイドウィンドーにへばりついてきた。
 
 基本中の基本、タイトルからも分かるような内容の話です。
 ですがそのときの状況を考えると中々に怖いかと。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
・非常階段
 女生徒が飛び降りたために鎖で巻きつけ鍵穴をつぶし、「開かず」となった屋上への非常階段。
 にもかかわらず再び起きた飛び降り。その中学校でコックリさんをしたところ、驚くべき答えが返ってきた。

 こいつは普通に不気味な話です。
 オレの小学校も例に漏れずにコックリさん禁止令が出てたんですが、やはり「よその学校の気が触れた女の子の話」ってのはありました。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
・石^・・・
 かつてとある旧家に住んでいた男の少年時代の話。
 真夜中に便所に行きたくなって目を覚ますが、恐ろしくて行くことができない。
 理由は便所の隣の部屋。祖母から決してその部屋に入ってはならないと言われた部屋。
 意を決して便所に行くが、帰りにその部屋の前を通りかかるとばりばりという音を立て、障子紙の向こうから指が伸びてきて・・・

 旧家怖いです。少年時代の不可解な体験は記憶から消えないですな。
 ちなみにウチの親戚は幽霊が出ると騒ぎになった借家に住んでました。
 ----------------------------------------------------------------------------------------------------
・踊る爺さん
 都内の古いマンション。ある晩友人と二人で酒を飲んでいると外からかちゃ、かちゃと乾いた音が聞こえてくる。
 不思議に思い覗き穴から外を見てみると・・・
 
 これも、いかにも「超怖い話」といった話。爺さんの描写が恐ろしいです。
 
[PR]
by kayama_mk2 | 2006-10-10 13:15 | 超怖い話